スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフォーマンス@パツクアロ

ミチュアカン州パツクアロ市は雨期に入りました。
スコールに似ていて、夕方に激しい雨が30分くらい降ります。
ずっと快晴が続いていたので、曇天や打つような雨音、雨上りの土の匂いなどが、とても新鮮で美しいです。
5月6日と7日、隣人である素敵なチェリストと、Esparと横尾、はからずも舞踏風味のライヴパフォーマンス。
ひょんなことから住んでいる豪邸にて、ツアー形式パフォーマンス。
かねてからの夢だった「のぞき小屋」も実現。最愛の「渾沌」を紙芝居で上演。美しすぎる日の入りが今回の主演。
ちびたちを眠らせる計画でしたが、ちょっと失敗、6日は娘が、7日は息子が参加。文字通りのハプニングで、父母はハラハラしましたが、お客さんからは好評でした。
様々な人々に批評をもらいながら、月1ペースを目標に継続予定。
投げ銭ライブでしたが、今回の収入の3分の1は東日本大震災復興のための寄付金として貯金します。
ここはちょっと昔のヨーロッパ風というか、パトロンとアーティスト、という構図があります。それから政府からの助成金も日本より充実。よってアーティスト個人の自助努力が弱く、「アート」という敷居が高いまま、という印象があります。社会全体が激しい格差社会なので、仕方ないのかもしれませんが。
今回のように、投げ銭形式にして、幅広い層の様々な人に観てもらって、アートが「アート」に限定されず、日常的な表現やコミュニケーションとして、みんなにとって身近なものになればいいなと思います。その意味でも、紙芝居はいいツールです。

穴を覗けば渾沌 裸になって聴く
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

teotsunagu

Author:teotsunagu
NPO手をつなぐメキシコと日本
お問合わせは teotsunagu@gmail.com ヘ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。