スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPOの自己紹介

特定非営利活動法人 手をつなぐメキシコと日本

■法人設立

2010年9月16日

■目的

日本とメキシコ、両国の広く一般市民を対象に、
二国間における芸術・文化・学術交流事業を行い、
健全で豊かな人材の育成と、両国の友好に寄与することを目指します。

■組織

・理事長 横尾咲子
・副理事長 天野典子
・理事 高澤日美子、中野裕考、Espartaco Martinez Cardenas
・監事 袴田智子

■事務局

所在地:山形県東根市

■お問合わせ

E-mai:teotsunagu@gmail.com

■活動内容

メキシコと日本の…
子ども・青少年を対象とした文化交流事業
芸術家の招聘・公演・ワークショップ事業
学術研究者の招聘・講演・研究会事業
芸術、文化、教育に関する調査研究、情報発信、出版事業 等

■「手をつなごう基金」からのお願い

当NPO法人の趣旨に賛同される方に、ご寄付をお願いしております。
ご協力いただいた方には、会報やメキシコ情報をお届けします。
また、活動内容へのリクエストやアドバイスなどもどしどしお寄せください。
一口1,000円で、何口でも。「手をつなごう基金」として、当団体の活動に、大切に使わせていただきます。

山形銀行・楯岡支店
普通口座:844047
名称:テヲツナグメキシコトニッポン

//////////

■メキシコと日本

1609年、メキシコの船が千葉の御宿に漂着。
瀕死の船員たちを自らの肌の温もりで救った海女たち。
劇的な出会いから実に400年を数えます。

2004年には日本・メキシコ経済連携協定が締結され、
二国間の経済交流は進んでいますが、地理的な隔たりもあって、
二国間の情報交換は決して多くはなく、互いの文化を知る機会は限られています。

日本とメキシコは地球のほぼ反対側に位置していますが、
それと同じように両極端の風習や考え方があったり、かと思えば、
意外な共通点があったり、とまだまだお互いに未開拓な分、
この二国間の交流は非常に興味深く有意義なものになるでしょう。

それぞれの優れた芸術や文化・学術を紹介し、体験してもらうことで、
老若男女を問わず、人々の健全で豊かな生活を助長し、
二国間のさらなる理解と友好に貢献したい、これが我々の切な想いです。

■メキシコってどんな国?

みなさんは、「メキシコ」と聞いて何を思い浮かべますか?

広大な砂漠にサボテン、照りつく太陽。
大きなソンブレロをかぶり、口ひげをはやして、陽気に歌う太っちょなおじさん。
テキーラにタコス……。

もちろん、これらもメキシコですか、まだまだ知られていない魅力がてんこ盛り!
国土は、日本の5倍もあるので、多種多様な気候風土と文化をもち、とても豊かです。
50以上の先住民族グループがあり、それぞれが独自の言語や文化・習慣を保護していることも
大きな特徴のひとつです。

こうした他民族性や、数々の侵略の歴史の影響か、メキシコの人々は、
何事も受け入れる寛大さを持ち、明るくたくましく、生きるエネルギーに溢れています。

メキシコがどんな所か、この紙面にはとても書ききれません!
その魅力を伝え、両国がぐぐっと近づけるように、
様々な企画を実施してまいりますので、どうぞご参加ください!
スポンサーサイト
プロフィール

teotsunagu

Author:teotsunagu
NPO手をつなぐメキシコと日本
お問合わせは teotsunagu@gmail.com ヘ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。